花屋から見たお葬式

こんにちは。今日は雨が降っていますね。
雪が完全に溶けるだけザーザーと降ってくれればいいのですが、この調子だと雪を固めて凍らせるだけのたちの悪い雨になりそうです。
明日からの運転がちょっと危ぶまれますね…

さて、ちょっと前に久しぶりに花屋で働いていたころの友人に出会いました。
ちょっとしたディナー…と呼べるほどのものではないですが、晩御飯を一緒に食べました。
話を聞いてみると、消費税が上がってから物価がどんどん上がっていますが、花も例外ではないようです。
冠婚葬祭に使う花ですが、お葬式に使う花がよく売れるようです。
しかし、花も高くなったこともあり、一度に売れる本数はちょっとだけ減っているようです。
私たちの視点で見るとお葬式はそれほど多くはないですが、花屋の視点から見ると毎日のようにあるようです。
確かに、付近にあるセレモニーホールや葬式場などは夜名前が出ていることが多いです。それほど多くの方がなくなっているのですね。

お葬式で使う花は菊やユリが多いのですが、中にはお葬式に故人が好きだった花を買っていく方もいるようです。
真っ赤なバラを買って行く人もいるようですが、ちょっと不謹慎な気もします。故人が好きな花だったのですから、それもいいのでしょうが。

Post Tags:

Leave Yours +

No Comments

Comments are closed.